INTERVIEWPJPの人と仕事

お客様からの「ありがとう」が仕事の喜びです

Wattle Tokyo キッチン主任
2015年入社
Jin

仕事の内容を教えてください。

私は、新丸ビルにある「Wattle Tokyo」のキッチン主任を担当しています。主に、前菜とグリルのセクションリーダーとして、お客様に提供する料理を作ることが仕事です。PJPのキッチンの担当者は、前菜、パスタ、グリルなど、一つのセクションの仕事をマスターしてから次の仕事へと進んでいきます。私は入社してすぐに、「1年以内に次のセクションに進むこと」を目標に、入社1年目は仕事に向き合ってきました。その努力を認めてもらい、今ではキッチン主任という立場で働いています。
私たちの仕事は、まさに時間との勝負!お店がビジネスの中心地・丸の内にあることもあって、日々忙しいお客様が多く来店されます。常に「何時までに何をするのか?」を明確にし、おいしい料理をおいしいタイミングで提供できるように努めています。

仕事を通じて一番嬉しかったことは?

私は、仕事中にチームワークを感じられることが嬉しいです。パーティやクリスマス期間は、一息つく間もないほどの忙しさです。でも、チームで協力して、発注して、仕込みをして、盛り付けて…。お客様をお待たせするわけにはいきませんから限られた時間の中で多くのことをこなしていきます。バタバタと時間が過ぎていきますが、終わった時にはホッとした気持ちと、チームで達成できた嬉しさが込み上げてきます。
少し仕事から離れたエピソードになりますが、料理をつくる仕事をしていると大切な家族や友人に自分の手料理を振る舞うこともできますよ。私は新潟出身なんですけど、上京している地元の友だちを自宅に招いて近況報告をすることもあります。そういったときに、お酒のつまみやパスタを作るとみんなに喜んでもらえます。仕事で覚えた料理の腕で身近な人をハッピーにできた時は単純に嬉しいものです。

これからPJPで働こうと考えている方に向けてメッセージ

もしかしたら、コックという仕事のイメージとして「拘束時間が長くて、シェフの仕事を見て学ぶ」といった印象を持っている方もいるかもしれません。でも、この職場ではそういう昔ながらの職人気質な雰囲気は全くなく、料理も一から教えてもらえますので安心してください。
また、どの仕事もやりがいがある反面、やはり「大変だ」と感じることもあるでしょう。その中でも、サービス業という仕事はお客様の「ありがとう」が直接届くところにやりがいや喜びがあると考えています。ときには帰り際のお客様がキッチンを覗いて「おいしかった、ご馳走様でした」と声をかけてくださることもあります。こういった、自分の仕事の反響というものが手に取るように分かるということが、私が仕事に楽しく取り組めている理由です。

私のおすすめ料理
ビクトリア産仔羊のロースト
オーストラリア産のラム肉。羊ならではの臭みが全くありません。ボリューミーなのでたくさん食べたい男性の方にも人気。リピートするお客様がたくさんいらして、私も大好きな一品です。
私の好きなこと
お酒を飲みに行ったり、自宅でパスタを作ったり、普段も「食」にはアンテナを立てています。料理はずっと趣味でやってきて、この仕事についたのも好きが高じた部分が大きいです。
将来の夢
いずれは
自分のお店を
オープンする!
出店場所は、地元の新潟かそれとも東京かで迷っていますが、新潟だったらイタリアン、東京だったらフレンチの店を開きたいです。やっぱり料理をしている時が楽しいのでずっと続けていきたい。私のお店でたくさんの方が笑顔になることが夢です!
ALL

私たちと一緒に働きませんか?
あなたのご応募をお待ちしています。

ENTRY